前へ
次へ

矯正歯科の治療で気を付けることを知ろう

矯正歯科の治療を受けたい場合、最初に歯科医から治療期間の目安が伝えられます。しかし目安というのは基準

more

大人になってから矯正歯科へ行っている人は多い

矯正歯科は子供のうちに行くところと言うイメージがありませんか。矯正歯科で歯並びを子供の頃に治せばよか

more

良い矯正歯科の見分ける方法とは

歯の矯正を検討していても矯正歯科は沢山あり、どこにすれば良いか分からないという人は少なくありません。

more

どんな歯並びも改善する矯正歯科の治療とは

昔から歯並びが悪く、見た目が悪いことに悩んでいる方は多いです。特に正しく歯が並んでいない状態だと、歯磨きをしても磨き残しが起こりやすくその部分から虫歯や歯周病、口臭など色々な口腔トラブルの原因となるので、早い人では子供のときに矯正歯科で治療を受けますし、大人になってから治療を開始する人も増えています。現在矯正歯科では患者さんの歯の状態や希望に応じて様々な種類の矯正治療に対応できるようになっており、歯の矯正は時間をかけてじっくり進めていく必要があるため、患者さんの負担が少なくなるような治療方法が人気を集めている傾向にあります。矯正歯科で行われている治療は主に表側矯正(ワイヤー矯正)・裏側矯正・マウスピース矯正の3つであり、近年は治療をしていることがバレにくく衛生的にケアがしやすいとしてマウスピース矯正を受ける患者さんが増えてきました。ただマウスピース矯正は一定期間装着を続けないと効果が得られない以上、患者さん自身で治療を続けるコントロールが必要となりますし、対象症例が少ないデメリットがあるため、歯並びによっては治療が受けられないケースも少なくありません。そのため矯正歯科ではどんな歯並びでも対応することが可能な表側矯正の治療をメインに行うクリニックは多く、最もオーソドックスな治療方法として利用されています。表側矯正は歯の表面に固定装置を取り付けた上で、ワイヤーを通しワイヤーで引っ張る力で歯を動かしていく仕組みです。マウスピースや裏側矯正と比べて矯正装置が目立ちやすいことや、強い力で引っ張ることで歯が動く痛みが強いなどのデメリットもありますが、他の治療方法と比べて比較的歯の移動が早くスピーディーに治療を完了できるメリットも持っています。そして歴史的に矯正歯科で最も長く行われてきたオーソドックスな治療方法でもあるので、他の矯正治療と比較しても費用をある程度抑えられるなど費用面がネックに感じている方でも安心して矯正歯科で治療を受けられるチャンスがあります。

https://hisayapark-kyousei.com/

荻窪 歯科

コープ生協の注文はスマホでカンタン!
通勤時間を上手に使って簡単にお買い物していただけます

Page Top